史上最高のサラブレッド10選

日本馬の血統の大幅な向上を考慮するなら、史上最高の競走馬には最近の馬も含める必要があります。しかし歴史的な正確性を維持するため、過去の名馬たちも何頭かリストに加えました。

 

1.ディープインパクト

ディープインパクトは日本の競馬ファンが待ち望んでいた馬でした。3歳で21年ぶりとなる無敗での中央競馬クラシック3冠を達成し、主戦騎手の武豊と共に最後の直線で後方から一気に抜き去る衝撃的なレーススタイルと共に名声を確立しました。父は日本の輝かしい血統を築いたサンデーサイレンスです。

  1. エルコンドルパサー

エルコンドルパサーは現代日本の競馬の先駆者的存在であり、通算11戦で3着以下は一度もなく、国内で負けたのは1度だけでした。日本が凱旋門賞に熱中するきっかけになった馬でもあります。

米国産のエルコンドルパサーは3歳でジャパンカップを制した後、翌年夏にフランス遠征を行い、サンクルー大賞を制しました。フォワ賞にも勝ってヨーロッパで最も有名なレースである凱旋門賞に2番人気で挑んだエルコンドルパサーは、厳しい条件の馬場を猛然と駆け抜け、残り300mのあたりまで3馬身差を付けて先頭を走っていましたが、本命のモンジューに差されて2着に終わりました。3着とは6馬身の差が付いていました。

 

  1. ナリタブライアン

ナリタブライアンは他に圧倒的な差を付けて勝つレースで1994年に3冠を達成したことで大きな名声を獲得し、「20世紀の名馬大投票」で1位に選出されました。特に京都競馬場で行われた菊花賞で2着に7馬身差を付けてレコードタイムで勝ったレースはキャリアのピークと言えます。また、朝日杯3歳ステークスで勝ったほか、有馬記念では年上の強豪馬たちを抑えて勝利を収めています。その後は力を落としたものの、有力レースである阪神大賞典を2回勝っています。 

 

4.オルフェーヴル

クリストフ・スミヨンが騎乗した2012年の凱旋門賞は、確実に勝てると思われた展開ながらも急激に斜行して失速し、ソレミアにクビ差で敗れるという劇的な展開となりました。豊かな才能を持ちながらも気性面に難のあったオルフェーヴルにとっては、ヨーロッパの強さをその身を持って知る経験となりました。

それでも3歳で3冠を達成し、日本国内ではG1で6勝という成績を残しました。2013年の凱旋門賞でも2着に入り、フォワ賞は2度制しています。引退レースとなった有馬記念は2着に8馬身差を付けて堂々の勝利で飾り(自身2度目の有馬記念制覇)、その日の最後に中山競馬場に集まった6万人の観客の前で引退セレモニーが行われました。

  1. シンボリルドルフ

シンボリルドルフは、日本の競馬が今よりも国際的なアプローチを採っていた80年代半ばのスーパースターであり、G1 で通算6勝、年度代表馬に2度選ばれました。1984年に国内史上初の無敗3冠を達成し、その年のジャパンカップでは同じ日本のカツラギエースに敗れたものの3着に入り、翌年のジャパンカップは見事に制し日本勢に2年連続の優勝をもたらしました。

当時は日本史上最高の競走馬として広く評価されていました。その後自身の産駒であるトウカイテイオーが1992年にジャパンカップを制するまで、日本馬による同レースの優勝はありませんでした。