Skip to content

馬に賭けて勝利を掴もう。

hrct

ご挨拶

競馬は無尽蔵に情報があり、データ、調子、統計、様々なオピニオンといった決して答えのない「パズル」を組み合わせる、中身の濃いスポーツです。ユーザーの皆さんにとって重要な情報をお届けするのが当サイトの目的です。

勝率予想を含め、あらゆる馬、ジョッキー、調教師のデータを取り扱っています!また、各競馬場の障害情報やコースレコードももちろんご確認いただけます。

私たちは誰にも遠慮せず自分たちの意見を臆せず発信し、業界のセンシティブな話題も避けることなく取り扱っていきます。

2020年最強馬 

  1. オーセンティック - 牡鹿毛、2017年生まれ、ケンタッキー産
  2. ティズザロウ-牡鹿毛、2017年生まれ、ニューヨーク産
  3. タルナワ(アイルランド) - 牝栗毛、2016年生まれ、アイルランド産
  4. インプロバブル - 牡栗毛、2016年生まれ、ケンタッキー産
  5. スイススカイダイバー - 牝栗毛、2017年生まれ、ケンタッキー産
  6. ムーチョグスト - 牡栗毛、2016年生まれ、ケンタッキー産
original

日本ダービー有力馬

2020年に2勝を挙げ、2021年初レースとなる共同通信杯を制しています。

エフフォーリア

2020年に2勝を挙げ、2021年初レースとなる共同通信杯を制しています。
成長著しい牡鹿毛は、阪神競馬場で行われた2000mの京都2歳ステークスを制しています。

ワンダフルタウン

成長著しい牡鹿毛は、阪神競馬場で行われた2000mの京都2歳ステークスを制しています。
T栗田徹厩舎で鍛えられたタイトルホルダーは、父ドゥラメンテ(日本)、母メーヴェ(英国)という血統です。

タイトルホルダー

T栗田徹厩舎で鍛えられたタイトルホルダーは、父ドゥラメンテ(日本)、母メーヴェ(英国)という血統です。

人気の記事

Back to top